滋岡従長

「恋
 たたかひのたよりいかにとまつらかた
 なみのよるよるこひしかりけり 従長」