清水蓮成

天保元(1830)-明治35(1902) 
幕末-明治の歌人。美濃出身。通称は五三郎、定助。号は喜楽坊、坦蕩斎。
京都本隆寺の日要にしたがって出家。
渡忠秋、香川景恒に師事、門弟に中山慶子ら。
書でも一家をなした。
  • Details

    「忍恋
     雪にふす竹のひとよも打解て
     あふことかたき恋もする哉 蓮成」