阪正臣

阪正臣

¥6,000価格
ばんまさおみ
安政2(1855)―昭和6(1931)

歌人、書家。名古屋の人。
号に従叟、茅田、観石、桃坪。居を樅屋と称した。
鎌倉宮、伊勢皇大神宮などに奉仕、30歳のときに宮内省御歌所に入る。
天皇・皇族などに歌・書を教授。
女子用の書道教科書に筆をとり、その書風は流行した。
華族女学校教授、御歌所寄人を歴任。
御歌所長高崎正風、大口周魚らによる上代様仮名書道の研究会「難波津会」に加盟。

著書に『樅屋詠草』『樅の小枝』など。
  • Details

    「連峯紅葉
     ゆふしくれはれゆくみねのこゝかしこ
     のこるひかけはもみちなりけり 正臣」