稲村三羽

稲村三羽 寛政9(1796)―弘化3(1846)

江戸後期の武士・歌人・国学者。
通称増五郎・松五郎、号は松園。
幕府の御膳所御台所人組頭格を務める。
はじめ亜元、のち香川景樹に和歌を学ぶ。
  • Details

    「山春風
     大井河はなのみなわそ流れける
     あらしの山の春の嵐に」