大原重徳

明治4(1871)―明治12(1879)

幕末・明治の公卿。権中納言重尹の五男。名は常麿、字は徳義、号は益壮。
孝明天皇に仕え、公武の間を取り持つ。
参議を経て従二位権中納言となり、維新後は議定・集議院長官などを歴任。
安政勤王八十八延臣の一人。
  • Details

    「誠
     言成をまこととそいふ誠より
     いてたることのならさらめやは 重徳」